プロフィールメイン画像

Profile

トレーナー紹介

Studio108 President・Mentor

澤田隆志/Takashi Sawada

1985年新潟県小千谷市生まれ・新潟医療福祉大学 卒業
大学在学時よりトレーナーの道を志し、卒業後は総合型地域スポーツクラブのクラブマネジャーを務め、新潟県(行政)と協働し、行政・病院・クラブが連携した健康づくり事業を企画。自身も統括トレーナーとして事業に参画。その後、全国60店舗以上を展開する某大手パーソナルトレーニングジムにて店長やトレーナー育成研修担当を務める。今までに0歳~89歳の幅広い年齢層のクライアントの身体づくりをサポートし、クライアントにはアスリートや身体障害を抱える方までおり、各クライアントから絶大な信頼を得ている。クライアント自身が持つ身体づくりに対する「欲求」を真に追求するため、2021年8月に『Studio108 body anagement personal gym』をオープン。

資格・その他イメージ

資格/その他

  • (株)LPN ストレッチポールテクニカルアドバイザー
  • (一財)日本コアコンディショニング協会 アドバンストトレーナー
  • (一財)日本コアコンディショニング協会 ひめトレトレーナー
  • (公財)日本スポーツ協会会員(旧日本体育協会)
  • (一財)フィジカルトレーナー協会会員
  • 中学校・高等学校教諭一種免許(保健体育)

活動実績

2010年全国クラブネットワークアクション会議(北信越ブロック会議)新潟県代表パネリスト
2010年〜2013年小千谷スーパーソニックス ミニバスケットボールチーム アシスタントコーチ(新潟県小千谷市)
2013年岡南保育園「保育士研修会」講師(新潟県長岡市)
松浜中学校「ゲストティチャー」講師(新潟市北区)
NPO法人ハピスカとよさか主催「ストレッチポール体験会」講師(新潟市北区
2014年岡南保育園「保育士研修会」講師(新潟県長岡市)
松浜中学校「ゲストティチャー」講師(新潟市北区)
NPO法人ハピスカとよさか主催「ストレッチポール体験会」講師(新潟市北区
2015年新潟トキッ子クラブ主催「春のトキッ子運動会」運営スタッフ兼講師(新潟県長岡市)
2016年新潟トキッ子クラブ主催「かけっこ教室」講師(新潟県長岡市)
国営越後丘陵公園主催「かけっこ上達塾」講師(新潟県長岡市)
2017年国営越後丘陵公園主催「かけっこ上達塾2」講師(新潟県長岡市)
小千谷幼稚園主催「親子運動教室」講師(新潟県小千谷市)
2021年~現在私立新発田中央高等学校女子バスケットボール部 専属トレーナー(新潟県新発田市)
プロフィールメッセージタイトル

Message

メッセージ

澤田隆志/Takashi Sawadaプロフィール写真

カラダづくりは一生涯。だからこそ人が持つ「基本機能」が大切。

心身ともに健康的なカラダを保つということは、生涯において大切なことだと、いつも思います。
また、生涯において大切であるということは、それが「続けるべきものであること」と私は考えています。

私がStudio108を始動するに至った動機のひとつは、よりよい効果の追求でした。

某大手パーソナルトレーニングジムに勤務していた頃、筋力トレーニングと食事コントロールのみでは効果的なカラダづくりができないと常々感じていました。そして、多くの方が過剰な心理的ストレスを抱えながら行った一時的なカラダづくりの結果、リバウンドするという多くの光景も見てきました。
にも関わらず、筋力トレーニングで終わるというそのトレーニング内容に日々煩悶(はんもん)する自分がおりました。

その時に強く思ったことは、筋力トレーニングと食事コントロールだけではなく、身体の状態を整え、アフターケアをすることの大切さです。なにより、心身共にケアをすること、心身のコンディションを整えておくことへの重要性を再認識しました。

多くのお客さまが心理的ストレスを非常に抱えながらトレーニングに励み、たとえそのことで目標を達成できたとしても、結果としてその後でリバウンドしてしまうのでは、まったく意味がありません。

私自身、20年以上に渡り競技スポーツを続けてきましたが、常に身体の「コンディション」を保つことは何よりも難しく重要な要素です。
身体の姿勢や筋肉や関節の柔軟性、心身の疲労感や体調、食事内容、睡眠時間・・・。
一言で「コンディション」と言っても多岐に及びますが、可能な限り自身の心身の調子を日々整えておくということが、日々の生活や競技パフォーマンスにも大きく影響すると実感しています。

こうした思いこそが、今の私がStudio108を運営する原動力そのものになっています。

Studio108 澤田 隆志